🐤働きやすい職場を目指す5つのポイント

  1. 残業はできるだけなし!:特別な会議やどうしても時間内にできない作業などで残業しますが、残業ゼロ月も多くあります。負担の大きな行事を見直し、効率的な作業ができる職員配置や作業の工夫をしています。
  2. 会議は効率よく! :全体会議実施回数 年間12回、平均20分。クラスごとの保育会議は年間2~3回で平均1時間。限られた時間の中で効率的に話し合える体制を作っています。無理があると判断すれば、見直しを行います。
  3. コミュニケーションを大切に!:性別年齢に関係なく、互いにリスペクトできる関係を目指しています。保護者対応はクラスを超えてフォローします。1人で保育を背負わない組織体制です(担任→リーダー→主幹・副主幹→副園長→園長)。
  4. しっかり休めるように! :子育て中の職員、旅行、リフレッシュ、家族の用事など、希望の休みをシフトで調整します。育児休暇も取得実績あり。
  5. なが~く働いてほしい! :スタッフ定着率(1-年度内の離職数/年度初めの在籍数×100)=87%(2018実績)。ライフスタイルに応じた働き方を一緒に考えます。20年以上のベテラン保育者と若手保育者が互いにオープンな関係であることが働き続けることに不可欠だと考えます。